セミナー最終日のイイ話し

セミナー最終日の朝になりました。

昨日自分に失望したことは、ディナーの時にアメリカ人とカナダ人のマダム席に座ってしまい、education(教育)の話に全くついていけなかったこと。日本の教育について具体的に説明してほしいと言われて・・・
教育費はどこまで無料なのか?でも、大学は高いんでしょ?とか。
まあ、そんな話までは出来たけど、それより深い話は頭が真っ白になってしまいました。

インテリジェンスな会話が(出来るわけないけど)できない自分にがっかりしました。というか、日本語でもあまりインテリジェンスな会話は出来ないことを思い出しました。

ゼンタングルのセミナーなので、ゼンタングルの話で繋がるかと思ったら、「私、このセミナーで初めてゼンタングルやったのよ。」という人とかもいて驚きました。
さらに描き慣れていない人が多くてそれにも驚きです。

昨日は授業で6枚しか描かなかったので、同時進行で1枚仕上げました。
今日のお隣は、2日目と同じイギリス人のおじちゃん。今日も柄物の可愛いシャツを着ていて、「あなたの英語で十分だよ。」と励ましてくれました。
午前の授業の終わりに、イギリスのおじちゃんが本を渡してくれて、「これは僕の書いた本なんだ。簡単な言葉で詩が書いてあるから、これで英語を勉強するといいよ。中のページにゼンタングルを描いてもいいよ。」と言って、その本をくれました。

なんと、花柄のおじちゃんは、イギリスの詩人だったのです!!

サインを書いてと頼んだら、『May you always enjoy the art of living』と書いてくれました。
感動して涙が出てしまいました。

昨日は、少し凹んでいたのですが、こんな良い人もいるんだな。
彼の本をゼンタングルで飾りながら、英語の勉強頑張ろうと思います!!

成冨史絵のゼンタングル

マッシュマニア・テキスタイルデザイナー成冨史絵のゼンタングルの世界

0コメント

  • 1000 / 1000