ビヨンド ザ ベーシック

孔雀の羽根のZIA。
昨日載せた、ディーバダンスというタングル(パターン)1種類で描く孔雀の羽を、同期のふるはし美鳥さんが描いてくださいました。
周りを額縁のように飾っているので、まるで銅版画の挿絵のようだなと思いました。素敵です。嬉しいです。

それで、私ももう一度ディーバダンスを描いてみました。
青ペンでワサワサと描きました。
永遠にディーバダンス(間に不定形のベタが入るストライプのタングル)です!!
スポークンというタングル(円の周りをグルグルとリボン状のものが取り囲むタングル)も混ざってますね。

これに着彩すると、トップ画像のような孔雀の羽根になります。

これはゼンタングルなの?と思うかもしれません。ゼンタングルは失敗がないため、具象的なものは描きません。
それでも、ゼンタングルのパターンからインスパイアされて描いても良いのです。それをZIA(ゼンタングル・インスパイアド・アート)と言います。

ゼンタングルを学んで行くうちに、自由にタングルを描きたくなります。
色も使いたくなります。
何かの形に似せてみたくなります。
自分でそう思ったら、そうして良いのです。

ゼンタングルには、失敗や間違いがないように、厳格なルールもありません。消しゴムや定規は使わないとありますが、創始者のリックはタイルを定規がわりにしています。(最初見た時、ギョッとしましたが!!)

最初はベーシックなゼンタングルを学びますが、ゼンタングル本部は「ビヨンド・ザ・ベーシック」も推奨しています。ベーシック(基本)を超えて、どんなゼンタングルを描きますか?
ゼンタングの面白さは、そこから始まるのかもしれません。

成冨史絵のゼンタングル

いつもの日常をちょっとだけアートに

0コメント

  • 1000 / 1000