無心に・・・

先日知り合いに、「ゼンタングルって何?」と聞かれて説明したら、私の説明が悪かったのか気味悪がられてしまいました。

『禅』という響きが宗教っぽさを感じさせたのか?!(後日、理解して頂けました。)
全然宗教とは関係ないんですけどね。
なんとなく、スピリチュアルなイメージが苦手な人もいる(私も苦手です)ので、そうじゃない、ゼンタングルの面白さをちゃんと伝えられるように考えていこうと思います。

ゼンタングルは、無心になって描いているうちに絵ができあがっていくというのが面白いところです。しかも、絵心がなくても!!
無心になって・・というところでは、マラソンや編み物、お掃除などにも通じるところがある気がします☆

そんなわけで、最近は夜な夜な公式タングルを描いてます。描きまくってます!!

私が描いていると、必ず息子も「僕も何か描く!!」と言って、描き始めます♪
今日は、海賊島の宝の地図?なんだとか?
次々と紙を継ぎ足して、壮大な地図になっていました。
お互い無心になって描いていて、気づいたら夜が更けています。
どんな絵でも、無心になって紙と向き合うのは楽しいものですね♪

成冨史絵のゼンタングル

いつもの日常をちょっとだけアートに

0コメント

  • 1000 / 1000