陶器に描くタングル

昨日、らくやきマーカーを使って、家にあるミルクピッチャーにタングルを描きました。
下の画用紙は、仕事用の絵です。まだ途中・・・

昨日はこの辺で終了して、仕事を優先しました。

そして今朝、朝の自由時間(←勝手に自由時間と名付けてるだけ。)に、タングルを足しました♪
みっちり埋めようと思ったけど、下の方だけの方が可愛いかな?!と思って、途中でやめました。

描き終わったら、オーブンで焼き上げます!!
↑焼く前

↓焼いた後
優しげな風合いになりますね!!
描きながら、シェーディングのテクニックも考えてつけてみました。

なかなか、可愛くできました☆
ゼンタングルって、紙に描いてどうするの?って聞かれた話を以前に書きました。(その記事はこちら

ゼンタングルそのものを飾るのもいいですが、他のものに描くのもいいですね。
以前なら、もしこのミルクピッチャーに絵を描く・・・と考え出したら、「どんな絵にしよう?!」と、かなり長く考え、ラフスケッチを作ったり、資料を探したり・・ということに時間を費やしたと思います。

しかし、ゼンタングルで使うパターンをいくつも知っている今は、迷わずに描き始めることができました!

描きながら、せっかくのZIA(ゼンタングルから閃いたアート)なので、鳥も入れました。※この写真は焼く前
こっちの取っ手部分のフラックスというタングルも気に入ってます♪
※この写真も焼く前
次は、もう少し大きい食器に描いてみたいです♪

成冨史絵のゼンタングル

いつもの日常をちょっとだけアートに

0コメント

  • 1000 / 1000