ワークショップで筋肉痛

昨日はとっても素敵なお家に呼ばれて、親子ゼンタングルのワークショップを行いました。
小学生6人、大人4人のクラスでした!
みなさん、良い集中力でしたが、私は前日のワークショップで足が筋肉痛〜!!まさか、ゼンタングル講師に足の筋肉が必要だとは知りませんでした!!!

向ヶ丘遊園のワークショップで、1時間半テーブルの周りをぐるぐる歩き回っただけなんですけど。
カッコつけてヒールを履いて行ったのがいけなかった。次からはスニーカーで行きます!!


そんなわけで、足がヘロヘロでしたが、再びぐるぐる歩き回りながら頑張りました♪


皆さん集中してますね!!

こちらは子どもたちの作品。
昨日は少し大きめのアプレンティスタイルを使いました。約11センチ角です。
なかなか、グイグイ描けてますね!!

大人は9センチ角のトラディショナルで。
昨日の参加者も自由に楽しんでいましたが、私が筋肉痛でHP低かったせいか、ボーダーを超えた方はいませんでしたね。(筋肉痛、関係ない?!)
綺麗におさまった、大人な作品♪
でも、よく見ると、、、かなり弾けてますけど〜!!

ワークショップでは、私の予測を超えてくる方が多くて、本当に楽しませていただいてます。

子どもの方が「これでいいのかな?」「間違ってない?」と、不安に思う子が多いように感じます。だんだんその気持ちもほぐれて来ますが、「みんな同じ」の教育が浸透しているのだな・・・とも思います。

ゼンタングルに関しては、自分らしさをドンドン出して欲しい。隣の子と全然違っても大丈夫です。独自の世界観、自分の好きな線やモチーフに気づいてもらえたら嬉しいです。
そして、自分らしさに自信を持って帰ってもらえたら嬉しいです。

成冨史絵のゼンタングル

いつもの日常をちょっとだけアートに

0コメント

  • 1000 / 1000