マップタングリング

以前、コーヒーでシミを作ったルネサンスタイルが出てきました。
コーヒーのシミの部分にタングルして、水滴も描いてみました。水滴は、実はルネサンスの方が本物っぽく見えます。
このタイルをSNSにアップしたところ、同期のアメリカ人CZTに、こういうのを『map tangling(マップ タングリング)』と言うんだと教えてもらいました。
なるほど、地図みたいですね!

そう言えば、去年こんな作品も描きました。
宝の地図のようです。
何かでシミを作って、そのシミの中をタングルで埋めてみるのが、一番簡単なマップ タングリングの描き方です。

シミ以外のところを、色ペンを使って描くのも良いですが、あまり描きすぎるとシミとの境目がなくなって、マップには見えなくなってしまうかも!!

シミを作る方法は、色紙からタイルに色を移す方法、Hefty Hackというビニール着彩でも綺麗なシミができます。
単に、水彩絵の具を垂らす、水彩色鉛筆を使ってみる、墨を使う、、、色々ありますね。
他に、手っ取り早いのはコーヒー、紅茶、ワイン、ですが、糖質の多い飲み物や果汁は向いてません。

色んな方法でシミを作って、あなただけの宝の地図を描いてみましょう!!

成冨史絵のゼンタングル

マッシュマニア・テキスタイルデザイナー成冨史絵のゼンタングルの世界

0コメント

  • 1000 / 1000