ゼンタングルの心理療法的な可能性

今朝届いていたゼンタングル本部からのニュースレターです。

2019年4月26日のニュースレター


内容は、 CZT(ゼンタングル認定講師)のEleanore Miller博士が、アメリカの医学生チームと共に、ゼンタングル・メソッドが不安の軽減に効果があるという説得力ある研究を発表したというもの。
この研究の中で最も興味深いのは、ゼンタング・ルメソッドには、これまでの心理療法や薬物療法に変わる手段としての可能性があるという事です。
 

今後、研究が進み、ゼンタングルが人々の心の病をも改善させる事ができれば嬉しです。
CZTセミナーで学んだことをしっかり実践できれば、すべての人々を励まし、勇気付け、ストレスを軽減することができるでしょう。

ともすると、技術や完成度にこだわりがちなゼンタングルですが、基本を忘れずに進んでいきたいと思います。

しかし、技術を追い求める中で作品に没頭する。そこから生まれる『安らぎ』や『喜び』というものもあります。

難しそうに見える『ハギンズ』というタングルを描きました。
これを描いている間も、とても楽しく、集中でき、不安を感じることはありませんでした。

ゼンタングルには間違いも失敗もありません。
単純なステップアウト(描き順)を疑わずに筆を進めていけば、いつのまにか面白い作品を完成させることができます。描いているときはいつも「変なふうになったらどうしよう」という不安はありません。
「まあ、なんとかなるでしょう!!」という前向きな気持ちしかありません。

この楽しさをもっと沢山の人に体験して欲しいです。

成冨史絵のゼンタングル

マッシュマニア・テキスタイルデザイナー成冨史絵のゼンタングルの世界

0コメント

  • 1000 / 1000