モノカラーのゼンタングル

息子の誕生日、5月4日は「みどりの日」という事で、緑のゼンタングル描きました。
緑のPIGMAペン(さくらクレパス)と、緑のボールサイン(さくらクレパス)で描きました。
陰影は、グリーン系の水彩色鉛筆をいくつか混ぜてつけ、擦筆でボカす代わりに水で伸ばしました。

色鉛筆だけだと、やはりボヤッとした仕上がりになってしまったので、最後に鉛筆も足しました。

最近、ゼンタングル社のマリアトーマスさん(ゼンタングル創始者)もブルーペンにブルーの陰影をつけたゼンタングルの提案をしています。最後にはやはり、鉛筆の陰を入れています。
そうすると、キュッとしまる気がします。

緑や青以外にも、赤やパープルもきっと綺麗だと思います♪

白黒の世界に慣れてきたら、カラーも足して行きたいと思うかもしれません。でも、どんな風に色をつけたらいいのか悩んでしまう・・・そんな時は、モノカラー(単色)のゼンタングルは、手軽で綺麗に仕上がると思います!!

カラーに苦手意識のある方にはオススメの方法ですよ♪

成冨史絵のゼンタングル

いつもの日常をちょっとだけアートに

0コメント

  • 1000 / 1000