着色前のゼンダラ

最近、コロリアージュ(塗り絵)をやられている方のブログなどを読んでいます。
一世風靡したコロリアージュだけあって、レベルの高い方が多いですね!
素敵だな〜!良いな〜!と思って見ています。(我慢できずに、唐突にコメント書いたりしてますが、気味悪がらないで下さい。)

ゼンタングルは、「塗り絵にしてはいけない(塗り絵ではない)」という本部の意向があるようですが、塗り絵の要素を取り入れても、楽しめそうです。

と言うわけで、コロリアージュを意識した作品作りをしてみました♪

・・・とは言っても、ゼンタングルの公式タイルはザラザラとしたコットン紙なので、コロリアージュのようにきめの細かい着彩は難しいのです。
なので、シェーディングのテクニックと、水彩色鉛筆で着色していくことになると思います。

と言っても、まだこの段階で・・・
仕上がりがどうなるかは分かりません。

やっぱり白黒で終わるかもしれないし、カラーペンに持ち替えるかもしれません!

ゼンタングルは無計画に進めていくので、仕上がりがどうなるのか、本当に分かりません・・・

ちなみに、始まりは・・・
こんな感じで鉛筆の軽いストリング(タイルを区切る)から始めました。
本当は、母の日を意識してカーネンションのマンダラのようにしたかったのですが、これまた、描き進めていくうちに全く違うものになってしまいました・・・

出来上がりの明確なイメージがないのも、計画性がないのも、ただ単に、性格の問題かもしれないですね。

さて、これから色を塗って行きます!!

成冨史絵のゼンタングル

マッシュマニア・テキスタイルデザイナー成冨史絵のゼンタングルの世界

0コメント

  • 1000 / 1000