10to Zen

ゼンタングル認定講師資格のために勉強中です。

以前、ゼンタングルの公式ブログに『10 to Zen』についての文章が載っていました。
※原文はこちら

zentangle とはZen=禅 と Tangle =絡まる を合わせた造語です。ゼンタングルが指す禅とは「心を鎮め、自分を見つめる」と言うところでしょうか?

しかし本来の『禅』の意味は、「偏った考えにとらわれず、おおらかな心を得るための修行」とでも言いましょうか。ここで語り尽くすにはあまりにも難しく、ゼンタングルのそれが本当に本来の意に沿っているのかを証明することはできません。

しかし公式ブログでモリーホリバーさん(ゼンタングル創始者マリアの娘)は、『ゼンタングルと禅は違うものである』と、明言しています。
そしてその後に、「違うのではあるが、共通することもある」と続けています。

そして、10の禅について書いています。(↓これは、私が描いた10 to Zenです。)
私の怪しい翻訳ですが、直訳ではなく、モリーさんの解説を反映させた翻訳にしました。

1.Let go of comparing
他人と比べない。


2.Let go of competing
誰かと競い合わない。


3.Let go of judgements
否定的な判断をしない。


4.Let go of anger
自分に腹を立てない。


5.Let go of regrets
後悔しない。


6.Let go of worrying
心配しない。


7.Let go of blame
自分を責めない。


8.Let go of guilt
罪悪感を捨てる。


9.Let go of fear
恐れない。


10.Have a proper belly laugh at least once a day.
1日1回は笑う。


これはゼンタングル以外のことにも当てはめて考えてみると、とても前向きになれますね。
そして、モリーホリバーさんは、この言葉全てを自分自身に投げかけるように書いていますが、他人に対してでも同じですね。

他人を比べない。
他人を非難しない。
他人を怒らない。
他人を責めない。
他人を恐れない。
そして、最低でも1日に1度、誰かを笑わせたい。

私は、自分にも寛容で、そして、他人にも寛容でありたいです。

成冨史絵のゼンタングル

いつもの日常をちょっとだけアートに

0コメント

  • 1000 / 1000