誰のために描くのか

昨日の記事 は、『絵』とは、誰かに見てもらうものだ、、、という前提で書きました。

私は絵を仕事にしているので、どうしても「誰かに見てもらう」「世に出す」ということを前提に考えてしまいます。

しかし、絵は、ただ描くことを楽しんだり、自分だけで満足するものであっても構わないと思います。
『描くこ』にフォーカスしているゼンタングルは特にそうで、描く工程を楽しめばいい。誰かに「嫌い」「変」「下手」と思われたって、近寄って見てもらわなくったって、全然OK。

構図がイマイチでも、タングルが小さ過ぎても、白黒のバランスが悪くても、そんなの全然関係ないんです。
自分が描いて、「楽しかった」「なんか良い」「この部分のタングルが好き!!」と、思わずニヤニヤしてしまうような、、、日記のような感覚でも良いと思います!!



今日私は、時間がなかったのですが、どうしても描きたくて1時間ほどでレジェンドのタイルを一枚描きました。
時間のないときは、レジェンドがオススメです。

トラディショナルなタイルにタングレーションのレジェンドです。
ストリングは、分かりづらいですがHです。

※タングレーション(tangleation。発音は合ってかわかりません。正しくはタングリエイション・・かな?)とは、2つ以上のタングルを組み合わせること。


※レジェンド、とは、サイコロを振ってサイコロ表のタングルを描くことです。


今日は、『描くこと』にフォーカスしたので、全体的な印象は特に特徴ないかもしれません。
それでも、丁寧に、ゆっくり、楽しんで描けました。

まさに、自分のために描いたゼンタングル・・・ですね!!
まあ、こうして、ネットに載せてしまってるので、結果的には誰かに見せてるんですけど。

やっぱり、ゼンタングルにしろなんにしろ、描く以上は誰かに見せて反応をもらった方が楽しい。
独り言より会話の方が楽しいのと一緒です。

皆さんの作品を見るのも楽しみにしています!!

成冨史絵のゼンタングル

いつもの日常をちょっとだけアートに

0コメント

  • 1000 / 1000