【PP04-2】セクション1 筆慣らしに比較的描きやすいタングルで。

プロジェクトパック04。2枚目を描いていきます。

その前に、1枚目のタングルスピナーがSNSなどにたくさんアップされていて、それを見るのが本当に楽しいです。どれも似た感じになるのでは?!と思っていましたが、それぞれ違っていて美しく、面白いですね。

もう2枚目は描きたくない・・という方は、1枚目のスピナーを使って遊んでみてください!!

スピナーを回して描くストリングをいくつか考えてみました。
ミニミニのタイルです♪
3番目はボーダータングルです。
スピナーを回して、楽しんでください!!!

さて、それでは、2枚目も描くぞ!!という猛者たちには新たな公式タングルを提案して行きます。
有名で、簡単なタングルはほぼ1枚目に出て来てしまったので、2枚目は結構マニアックなものが多くなるかもしれません。頑張ってくださいね!!

1日目は、その中でも割と描きやすいものを選んでみました。
これからは、1日に何箇所か描く可能性があるので、「セクション1〜12」と呼びますね。

セクション1は・・・

●POKE LEAF ポークリーフ
●AMBLER アンブラー
●BEELINE ビーライン
●FLOO フロー

それぞれの描き始めはこんな感じです。
●ポークリーフはポークルートの丸の部分を葉っぱにして描きます。
これは、割と同じ方向に揃えて描きがちなので、出来るだけ自然の植物のように、自由にニョキニョキ生えて行く感じで描いてみて下さい。

●アンブラーはマス目に描くと『エミングル』と言うタングルになります。帯状に描くと、アンブラー。
ラーメン鉢の模様みたいですね。

●ビーラインはちょっと間違えやすいかもしれません。もちろん間違えても、自信を持って描き続けて下さい。
間違いから面白い模様が生まれるかもしれません。

●フローは、私も良く描くタングルで、カーブの先をクルクルっと黒く塗りつぶし、周りをオーラで囲んでいきます。

↓描き進めるとこんな感じ。
出来上がりました。
フローは、一方向から描いても良いです。ポークリーフのシェーディングは、ホリバーと同じで、葉っぱが重なった下に影をつけるイメージです。

誕生日だったので、新しいピグマペンをおろしました。擦筆も新しくしました。道具を新しくするのは、とても贅沢な気分になります。
大切に使おうと思います。

こんな感じで解説していこうと思いましたが、私1人で12セクション埋めると、凄く偏った感じになる気がしたので、他のCZTにも提案していただこうと思います!!

思いがけないゲストが登場するかも?!
お楽しみに!!

成冨史絵のゼンタングル

マッシュマニア・テキスタイルデザイナー成冨史絵のゼンタングルの世界

0コメント

  • 1000 / 1000