【PP04-2】セクション3

もはや、誰向けに描いてるのか謎ですが、プロジェクトパック2枚目描いてます。セクション3を描きました。
●DEX デックス
●SNAIL スネイル
●ICANTHIS イカンティス(?)
●AQUAFLEUR アクアフラー

正しい発音わからないので、参考程度に。

さあ、描き始めます!
私は分かりやすいように、全てのタングルを同時進行で描いて行きますが、皆さんは一つずつのタングルを仕上げて行って下さいね!!
●デックスは、色々な描き順がありますが、この書き方が間違いないと思います!!私はカラーペンを使いましたが、普通に黒ペンだけでも十分かっこよくしあがりますよ!

●スネイルは、グルグルをつなげて描いて行くボーダータングル。ちょっとネイティブな雰囲気の出るタングルですね。
周りをオーラで囲みたかったのですが、ボーダーが狭くてうまく描けませんでした。
●イカンティスは、なんとも難しそうに見えますが、私は初めて描いた時に驚いたタングルです!!描き終わった時に「アイ キャン ディス!!(これ描けたよ!!)」と叫びたくなるタングルです。
よーーーく書き順を見て描いてみて下さいね♪

このタングルは、アカンサスという植物を分解してタングルに落とし込んだそうです。アカンサスは、木彫りの装飾やウェリアムモリスのテキスタイルデザインによく登場するモチーフです。

簡単なステップでこういう模様ができるというのは、ゼンタングルならではの驚きがあります!
●アクアフラーはマリアがリックとのバカンスで思いついたタングルだそうです。「波のように動きがあり、夕日のようにドラマチックで、植物のようで、情熱的なタングルを作りたい」その結果がこのタングルとの事。とっても素敵ですね!
ペンでグニャグニャとした縁を描いて、そこに線を足していきます。
ペッパーのはみ出しバージョンとでも言いましょうか。カッコよくカーブしながら飛び出して行きます。
好きなようにラインを足して下さい、ラインの間に他のタングルを描いたり点々を描いたりして楽しめます。
シェーディングとハイライトで立体的に見えます。

さあ、完成しました。
みなさんが分かりやすいようにゴチャゴチャ描きすぎないようにしてるつもりが、どうしてもゴチャゴチャしてしまいます。
イカンティスのとこがどんどんわけわからなくなりそうだったので途中でやめました。

タングルの描き方は一つではありません。描き順も好きに描いて良いです。
誰も採点しないし、怒らないし、決まりもありません。

「そうか、どう描いても良いのか。」
そう気づいた時、更にゼンタングルの楽しさが増すでしょう。

成冨史絵のゼンタングル

マッシュマニア・テキスタイルデザイナー成冨史絵のゼンタングルの世界

0コメント

  • 1000 / 1000