これが描きたかったんだもん!!

11日目のバレンタングルテーマはボーダー。

ボーダー・・と言われて、そのまま真っ直ぐなボーダーのストリングを描いたのですが、規則正しいものを描く気力がなくてやめてしまいました。

次に私がしたことは、めちゃくちゃなストリングを描くことです。

そしてそれをリボン状に絡ませました。天邪鬼ですね。
ゼンタングルのTangleは、もともと「絡まる」という意味があります。
まさにこれが、ゼンタングル!!ではありませんか?!(・・・・)


ゼンタングル本部も紹介している『バレンタングル』ですが、このイベントは毎日さまざまなお題に沿ってゼンタングル作品を作成していくというもの。

ゼンタングルというと、常に白黒で・・8ステップに基づいて・・・と想像する方もいるでしょうか。

ゼンタングルはもともと、誰にでも描けるアートとして、そのメソッドが考えられました。
初めて高級紙を前に、震える手でペンを握る人を励まし導くための8ステップがその軸になっています。

しかし、いつまでもそこにこだわり続ける必要はなく、常に自分の心地よいと思うレベルで楽しんでください。
バレンタングルのように1つのお題に対して、大勢で描くというやり方も楽しいです。出来上がった作品がそれぞれみんな違うのがまた面白いですね。

解釈も違うし、全くお題を無視して大胆に描く人もいて、それがまたゼンタングルらしいというか・・・。
「だって私、こう描きたかったんだもん!!」という声が、それぞれの作品から聞こえてくるようです。

かと言って、突然『風景画』とか、『油絵』を載せてくるツワモノはいませんが、「ペンで描くパターンアート」という枠の中で楽しんでいます。

試験でも、競争でもありません。
間違えて誰かに怒られることもありません。
さあ今日も「だって私、これが描きたかったんだもん!!」と、心で叫びながら、ワガママいっぱいに描いてみましょう!!

成冨史絵のゼンタングル

マッシュマニア・テキスタイルデザイナー成冨史絵のゼンタングルの世界

0コメント

  • 1000 / 1000