美食とゼンタングル・レビュー・その1

燕食堂さんでの『美食とゼンタングルのワークショップ』終わりました〜!!

色々写真撮り忘れて、、、レビュー記事書けるのか謎ですが、きっとどこかの親切な誰か(誰?)が、まとめてくれるでしょう。

今回は4時間のワークショップでしたが、45分のランチを挟んででしたので、かなり時間的にタイト。その上、私がモリモリ盛りだくさんに内容詰め込みまくってしまったので、きっとみなさん疲れたと思います。

ワークショップと言うより、トレーニング?!ですかね?
ある意味、「頭カラッポ!」な感覚を味わえたのではないでしょうか。どうでしょうか。
みなさん楽しんでくれたならいいな・・・(毎回それだけが心配です。)

1枚目は、基本のトラディショナルでしたが、あとで水滴を加筆してもらいました。
なかなかエキセントリックなクラスだったと思います。

水滴に見える?!

全然見えないんじゃない?!

・・と、みなさん心配していましたが、ちゃんと見えてますよ!!
自信持ってください!!

続いて、ランチタイム。
ランチにはみなさんそれぞれ違う旗が立っています♪
くじ引きみたいですね!
どの言葉も心にしみますね。

続いて、2枚目はブラックアプレンティスのお家。
3枚目はルネサンスビジュータイル(小さいタイル)に最新のタングル『well well who』を描いていただいました。
これは、CZTセミナーでやったもので、本当に並べると感動します!!
自分の講座でやることができて、本当に幸せでした。

ここまでで3時間。残りの1時間は、前代未聞の事をやってみましたよ〜!
私が知らないだけで、やってる方もいるかも知れませんが・・・

というわけで、つづく。うふふ。

成冨史絵のゼンタングル

マッシュマニア・テキスタイルデザイナー成冨史絵のゼンタングルの世界

0コメント

  • 1000 / 1000