PP05【2日目】コインを飾る後編

PP05【2日目】前編の続きです。

今日は日曜日なので、息子とサッカーやったり色々していたら描くのが遅くなりました。
やっと完成です。
せっかくコインが沢山あるので、色々使いました。デンマークの穴あきコイン。イスラエルの金色のコイン。UAEの六角形のコイン!!
私は若いときから何十カ国も旅行しましたので、沢山のコレクションがあるんです!!

息子が途中でやめてしまったタイルは「トラベリングにしよう!」と提案して、私が仕上げました。
隣で描いていて、「お母さんみたいに上手く描けない」と言って放り出してしまったもの。でも、出来上がりを見て満足してくれました。
白い線と内側のオーラは息子。
ボタンのチョイスも息子です。
可愛く仕上がりました。

動画の中で、リックさんが最初のオーラ(平行線)を描くときに、マリアさんがこんなことを言います。
「リックのオーラは均一じゃない。でも、コンパスで描いたような完璧な円では表せない美しさを、作品に加えることができるのよ。」と。
息子のオーラも歪で、完璧ではない。でも、だからこその面白かもあると思います。

動画の最後の方で、マリアさんもコインコレクションで作品を作ったと言ってる(後で観れるそう!!)ので、そちらも楽しみです。
それと、最後のリックの篆刻が素敵ですね♪
綺麗に押せて、「おお〜やった〜!」という気持ちになりました。

せっかちな私は、判子を押し損ねることが多々あるので、こんなふうに丁寧にじっくりと押すように心がけたいと思います。
マリアさんなら、ポンッと押して、「あら!曲がったわ!でも、可愛い♪」などと言いそう。色々な妄想を広げつつ、今日の解説を終わります!

長々とお読みいただきありがとうございました!

成冨史絵のゼンタングル

マッシュマニア・テキスタイルデザイナー成冨史絵のゼンタングルの世界

0コメント

  • 1000 / 1000