PP05【3日目】思い出を飾る

プロジェクトパック動画の解説しています。

今日で3日目!!今回はふるはし美鳥CZTと協力する・・・と書いてましたが、どうやって協力するのかを書くの忘れてました。

ものすごくシンプルですが、「2日ずつ交代で」という協力方法。
初日から2日間は私が主に解説しましたので、3日目と4日目は美鳥CZT担当になります♪

早速3日目の解説をアップしてくださったので、シェアします!!私より丁寧な解説で助かります。
今回は、文字を飾る方法と同じ方法で写真を囲んでましたね!動画を見てたら、一番肝心な部分がカットされてて、あっという間に出来上がってしまった!!
「モリーさん!そこ、飛ばしちゃうの?!観たかったよー〜〜!!」
と、思わず突っ込む私。
でも、最後にたくさんの作例を見せてくださり、大変刺激的でした。

作例の中にジャーナル(ゼンタングル社が出してる、大きめの横開きノート)に写真を貼ってタングルしてるのがあり、「これ!これ素敵!!!」と思って真似てみました。

CZTセミナーで使用したジャーナルは、半分までしか埋まっていなかったので、後半はセミナーの思い出を貼ってみるアイデアを思いつきました。
というわけで、今日のタイトルは、『思い出を飾る』にしました。公式ではなく、私が勝手に名付けてます。全然思い出じゃなくてもいいです。好きな写真や記念品、宝物、お気に入りのもの、飾ってみて下さい!!
左ページ、ボストンの地下鉄のチケットの裏面、蛍光オレンジの矢印と、イザベラガードナー美術館のテーマカラー紫で描いてみました。BOSTONの字が見づらいので、少しシェーディング足したほうがいいですね。
下に並べたのは、美術館の中庭の絵はがきと、この美術館をイメージして現地で描いたゼンダラです!
右ページは、ミュージアムショップで買ったお気に入りの絵のハガキをジグザグハサミで切って貼り付けました。
この丸いのはボッティチェリ の絵。
絵と額縁が素敵すぎて、私の線が細く感じます。もっと力強いタングルにすればよかったです。

この見開きはボストンの、主にイザベラガードナー美術館ので埋まってしまいました。
本当に素敵な美術館で、今まで行った中で多分一番よかったです。ボストンに行かれる方は是非!!

この調子で、ジャーナルも少しずつ埋めていこうと思います♪

成冨史絵のゼンタングル

マッシュマニア・テキスタイルデザイナー成冨史絵のゼンタングルの世界

0コメント

  • 1000 / 1000