新しい道具で世界を広げる

以前、新しい画材が欲しい!!というようなことを書きました。

何が欲しかったのか、、、
それは、『インク』です!

私は今までインクの世界に全く知識がなかったのですが、世界には様々な美しいインクが存在するのですね〜。

この美しいボトルは『エメラルドチボー』というインク。エメラルドのような深い青緑に細かい金粉が入っている、エルバン社のアニバーサリーインクです。
私はこれを近所の文具店のカタログで見つけて、欲しくて欲しくてたまらなくなり!!
夫に買ってもらいました♪(結婚記念日に、記念ということで💚)

1枚目は焦ってビジュータイルに描いたので、なんだか字も滲んでおかしいですけど。やはりとても美しい色!!

2枚目は少し落ち着いて・・・
カリグラフィー に練習の必要性を感じますが、ravelというタングルをモノタングルで。
ちょうどモザイクアプリのT3(ゼンタングルのヒントをまとめてくれている)で『モノタングレーション』を紹介してくれていたので!

モノタングレーションとは、『1種類のタングル』を『3種類のアレンジ』で描くというもの。面白かったです。

3枚目は、白ペンで描き途中。
インクを濃く塗ると、白ペンも良いですね。
これは、日本で発売させたばかりの、ジェリーロール05です。
細かい線が描けて、繊細なイメージに仕上がります。

1つの新しい画材で、またゼンタングルの世界が広がります。
闇雲に道具を増やし続けることはオススメしませんが、ちょっとスランプの時やモチベーション上げたい時は、画材屋さんでワクワクする何かを探してみてくださいね。

成冨史絵のゼンタングル

マッシュマニア・テキスタイルデザイナー成冨史絵のゼンタングルの世界

0コメント

  • 1000 / 1000