インポッシブル

私の本職はテキスタイルデザイナーですが、デザイン業はとても修正が多い仕事です。修正、やり直し、ボツ、、、という苦行が続いた後、ゼンタングルを描き始めると、その「間違いや失敗がない。やり直さなくて良い。」という事で心が軽くなりました。

それで、ゼンタングルの楽しさに没頭するようになったのです。

と、そんな、失敗のないと言われているゼンタングルですが、誰にでも描けると言いつつ、描くのが難しいタングルもあります。
その中の1つに『インポッシブル』というのがあります。レティキュラー&フラグメンツ(マス目に繰り返し描くパターン)の1つですが、ねじれた三角形が繋がった不思議なパターンが現れます。
混乱しやすいですが、ちゃんと手順を踏むと、、、あらあら不思議!!こんな複雑に見えるタングルも描けちゃうんですね〜!!

先日の小学校でのワークショップで一緒に講師をした心美CZTと、うえむらCZTとも、同じインポッシブル・トライアングルをゼンダラに描きました。
同じテーマなのに、それぞれ違っていて素敵です。
(右の上が心美CZT、下がうえむらCZT)

ゼンタングル本部が発表するプロジェクトパックや、ベルギーのCZTが発表するバレンタングルというのも、同じお題でゼンタングルを描きます。
「面白そう!描いてみたい!」と思った方は是非、インポッシブルトライアングル、挑戦してみてくださいね♪
(描いたら、教えてください!!皆さんのインポッシブル、見てみたいです。)

9月、カラーのゼンダラワークショップもやりますので、是非お越しください。
インポッシブルの描き方がわからない方は質問してくださいね。

9月8日(土)ワークショップ


9時半からのウォーミングアップクラスは、親子やお子様だけの参加も可能です。芸術の秋に向けて、一緒にゼンタングルやりましょう!
詳しくはこちら

11時からはターコイズのZIA


お申し込みお待ちしております。

成冨史絵のゼンタングル

いつもの日常をちょっとだけアートに

0コメント

  • 1000 / 1000