PP04 Day4 とワークショップお知らせ

プロジェクトパック4日目。

・・・その前に、、、
今週末、12月8日(土)に蔵前でワークショップを行います!!
12時半〜 残席3
16時〜 残席4
ギリギリまで受け付けます。皆様のご参加お待ちしております♪


さて!!!今日は写真の1番上のセクションを描きました♪
そして、そのほかのセクションにペンやシェーディングを少し足しました。
今年は何人かの日本人CZTがこのプロジェクトパックを紹介しています。日本でもゼンタングルの情報が取りやすくなって来て、ますます広がって行く予感がします。

私よりも英語堪能なCZTが詳しく解説してくださっているので、私の解説はあまり必要なさそうですね。

プロジェクトパックを描き進めながら感じたことや、私なりのコツなどを中心にご紹介していければと思います!!!

本日のタングルは・・
●スタティック
●モリゴン
●ヌーム
●アンブル
●ムーカ

早速動画を見てみましょう!!

最初はスタティックから。
スタティックは本当にシンプルなタングルで、ジグザグを繰り返して行くだけです。シェーディングによって、山のように凹凸を持ったように見えますが、私はシェーディングしない状態も好きです。
ジグザグも、尖ってなくても、ちょっと曲がっちゃっても、面白いタングルになると思いますよ!!

続いてモリゴン。
実は今回、「動画とは全然違う描き方をしてみよう!!」と思って始めたのですが、マリアさんのペン運びが素晴らしすぎて、つい同じように描いてしまいました!!それに、あの描くスピードと正確なストローク。インクが紙の上を滑っていく姿のなんと優雅なこと!!!
特にモリゴンのこの書き方は、工芸品の模様のような、アンティークな雰囲気があってとっても気に入ってしまいました。モリゴンが集まっているところにシェーディングすると、ちょっとドラマチックになる・・・そうですが、全然うまくできませんでした。
後日研究してみたいと思います!!

それから、ヌーム。
ヌームの本当の名前はNOOM REPUS(ヌームリーパス)と言うんだそうです。これは、SUPER MOON(スーパームーン)の逆なんだそうです!なるほど〜!!!

これの描き方は、色々な順番があります。動画の通りに描いていくと、描けるはずなのですが、最初は迷子になりやすいタングルです。
最初のS字をあまりカーブさせすぎないこと。葉っぱの形をイメージしながら描くこと。これがポイントです!!
自信のない方は練習してみましょう。

アンブルはリボンのようなタングル。
ホリバーのように後ろに後ろに描いていくのがポイントですね。
こちらもなんだかボヤ〜っとしてしまったので、背景を塗りつぶすか、、、線をもう少し太くするかしたいと思います。リボンの中に何か模様を足しても素敵かもしれませんね!!

そして最後。マリアのムーカ!!
見ました?!あの、ペンのタッチ。
本当に美しくて、完コピしたくなってしまいました。
ムーカが触れ合ってキスしているような描き方に、オーラを足して行く(均一な線で囲む)手法、私は大好きです。

あっさりまとめるつもりが、ついつい長くなってしまいました。

今年は配信が少し早いので、つい夜更かししてしまいます。
皆様も、皆様のペースで、プロジェクトパック楽しんでくださいね♪

成冨史絵のゼンタングル

マッシュマニア・テキスタイルデザイナー成冨史絵のゼンタングルの世界

0コメント

  • 1000 / 1000